Apr.26,2015

PTS MAGPUL PDR-C(組立編)

[GUNと鯖芸]
載せるのを忘れていたSBD取り付け部。モーターに接続する端子に取り付ける事にした。

組立は分解の手順を逆に進めるだけ。なのでいちいち写真は撮らずに一気呵成に組み上げる。

洗浄でグリスが飛んでいるので、部品の摺り合わせ、噛み合わせのグリスアップを忘れないこと。特にマガジンキャッチはボタン部からトリガーブロック内部、ロッド、プレート、マガジンキャッチ本体に至るまでの動きを辿りながらチェックすること。

本体は薄くて配線の逃げ場がほとんどないので、配線は極力すっきりとまとめること。特にトリガーやマガジンキャッチのリンクロッドへの干渉に注意。気を抜くとレシーバーに挟まれて思わぬ所でロッドを押さえつけたりする。

あとは愛情を持って組み上げよう。


read more >>

Apr.25,2015

PTS MAGPUL PDR-C(調整編)

[GUNと鯖芸]

シム調整を行う。

方法は基本通り、

  1. スパーギア下(なるべく薄く)
  2. スパーギア上
  3. セクターギア下
  4. セクターギア上
  5. ベベルギア下
  6. ベベルギア上

…の順にシムを入れ、ギアの噛み合わせとアガキを見ながら調整する。

大まかに調整が出来たらメカボックスにシリンダーとマイクロスイッチを組み込み、ネジを締めた状態でシム調整を追い込む(部品の組み込みやネジの締め込みによって変化するため、この状態に合わせておかないと意味が無い)。

マルイのメカBOXと違って開口部が少ないのでなかなかギアの状態を確かめるのが難しいが、最終的には各ギアのアガキを極力抑えつつ、ベベルギアを指で弾けば全てのギアが連動して勢いよく回ってくれる状態まで持って行く。

read more >>

Apr.24,2015

PTS MAGPUL PDR-C(研磨編)

[GUNと鯖芸]

それでは、メカBOXのメンテナンス。

分解直後のメカBOX。グリスこそ塗られてはいるが、表面はザラザラ。

まずは全てのパーツを外し、メカBOXのケースやギアをブレーキクリーナーで脱脂洗浄。

思わず笑ってしまうくらいザラザラのケースを研磨していく。

read more >>

Apr.22,2015

PTS MAGPUL PDR-C(資材調達編)

[GUNと鯖芸]

ここまでの流れで必要になったものを列挙する。

read more >>

Apr.21,2015

PTS MAGPUL PDR-C(分解編)

[GUNと鯖芸]

さて、いよいよ分解。

分解方法については既に多くの記事が存在するので手順は省略。それほど複雑怪奇ではない。

アッパーレシーバーはピンを三本抜くだけで外れる。

まずはピンを抜いてテイクダウン。ここではメカBOXとチャンバーの接続部分に注目する。ここの取り付けがいい加減で、極端な例だとバレルとチャンバーが斜めになっていたりするらしい。あまり精密に計ったわけではないが、とりあえず大きなズレはないように見えた。また、トリガーブロック周りにも妙な隙間や歪みのようなものは確認できなかった。

read more >>

Apr.20,2015

PTS MAGPUL PDR-C(実射編)

[GUNと鯖芸]

さて、それでは箱出し状態での実射性能を見ていこう。

このためにわざわざ弾速計測器まで購入したのだ。

LaylaxのBb.Checker
read more >>

Apr.18,2015

PTS MAGPUL PDR-C(入手編)

[GUNと鯖芸]

購入

PTS MAGPUL PDR-C

さて、PDR-Cを買うと決めたはいいが、どこで買うかが問題だ。

安値を求めて検索してみると、『PTSの日本正規代理店の直営店』という触れ込みのショップ(http://happoya.jp/)が見付かった。

別売パーツのグリップエクステンション付きでなお他のショップより格段に安い。しかもこの記事を書いている時点では、この銃のアキレス腱とも言われるタペットプレートまで単品売りしているではないか。これで買わない理由はない。クレジットカード決済こそ出来ないが、注文から振込の案内、発送までの処理も手早く、注文の翌々日には現物を手にする事が出来た。

read more >>

Apr.17,2015

PTS MAGPUL PDR-C(予告編)

[GUNと鯖芸]

諸君、私はブルパップが好きだ。

諸君、私はブルパップが好きだ。

諸君、私はブルパップが大好きだ。

……だがFA-MAS、オメーは駄目だ。

FA-MASはあのぼったりしたフロント部分の造作や二脚が大嫌いだ。FA-MASに限らず、フランスの兵器というのはどれも自分の美意識を逆撫でするようなデザインが多い。

それはさておき、この銃がある日突然、ブルパップ大好きっ子である拙者の物欲を『ギムッ』と射貫いたのである。

read more >>