1  |  2  | All pages

Nov.30,2005

懐中時計の各部名称と簡単な説明

[アンティーク時計のある暮らし]

文章で説明するとき、それが何を指しているのか解らなければ意味が通じなくなるため、懐中時計の各部について、外装を中心に簡単な説明を書いておきます(機械内部の説明は別の機会、あるいは他の優良サイトに譲りたいと思います(笑))。

なお、ここでの名称が唯一絶対のものではなく、語源や言語の都合上(英語やフランス語それぞれに時計用語があったりするため)、同じ物に対して別の呼び方をすることがあるのでご注意下さい。

read more >>

アンティーク懐中時計を扱う上でのお約束

[アンティーク時計のある暮らし]

まず、アンティーク懐中時計を扱う上でのお約束をいくつか挙げておきます。

read more >>

[はじめに]今更聞けない懐中時計のあれこれ

[アンティーク時計のある暮らし]

当然と言えば当然なのですが、アンティーク時計に取り扱い説明書などというものは付属していません。

read more >>

Nov.29,2005

ダース・ベーダー?

[Diary]

そういえば先週末に街を歩いていると、STAR WARS Episode3のDVD販促がそこここで。

どこも、ダース・ベーダーのコスプレをした店員が呼び込みをやっているのですが……。

read more >>

Nov.28,2005

こっ恥ずかしい大当たり

[Diary]

ウチの実家は世界の果てにあります。世界の果てならそれらしく人畜無害に過ごしていればいいものを、たまにニュースで世間の耳目を集めたりします。(私が現役の頃はヤンキー高の誉れも高かった)水産高の実習船が米帝の原潜にボカチン食わされたりとか。知名度という点では「御維新における知る人ぞ知る渋い小藩」あたりが一番好みなんですがねぇ。司馬遼太郎が好んだ部分は大分失われてるような気もしますが。
# そうそう、前に呑みながら言っていた村田蔵六=大村益次郎は間違ってなかったんで夜露死苦>くらーへ丼

read more >>

それは「仕事」の名に値する仕事か

[Diary]

最近騒がれている耐震設計偽造。韓国の百貨店は云うに及ばず、台湾の地震で倒壊したビルの壁から一斗缶が出てきて建設会社の社長が袋叩きにされたりとかいう事件を連想しますが、もうあれを笑えないなぁ。

もっとも報道自体は、「叩くマスゴミ、出る埃」という連日繰り返されるいつもの構図で「またか」と思っていたものですが。

read more >>

Nov.27,2005

常に遅まく私ゆえ。

[Diary]

今頃になって「ワンダと巨像」をやってます。

この週末は喰って寝て「ワンダと巨像」やってHGUCアッシマー素組みして(完全変形ですごく出来が良い。アッシマー可愛いよアッシマー!)とひたすら怠惰な日を過ごしていました。SNRIの効き目は奈辺にありや?(笑)

read more >>

Nov.25,2005

脳が……(脳!?)

[Diary]

そこで、「あー」とか云ってはいけない。

read more >>

Nov.23,2005

鯖威張る芸夢

[GUNと鯖芸]

略して鯖芸(略してどうする)。実に5年近くの時を経て!今ここに再開!(ズッギャーン)

read more >>

Nov.20,2005

ゲームで合宿する

[Diary]

かねてより計画されていた、ボードゲーム合宿が執り行われました。

read more >>
 1  |  2  | All pages