May.12,2006

ジャンルとかゲームシステムとか言う前に [PlayByMail]

さて、実際に作るとして、何を作るか。では早速、畏友アイダスキーにネタ出しとゲームシステムを……

……いや、そうじゃなくて。

わざわざ「PBMとは」などという迂遠な話から始めたのは、ゆくゆくはこういう遊びを様々な人にも体験して貰い、マイナーではあっても趣味の一翼、アナログゲーム(ネット使うけど…)の一ジャンルとして定着して欲しいと思うがゆえです。昔語りと「夢よもう一度」な独り善がりで始めたところで先は見えていますし。

そこで私が必要だと思うのは、ジャンルやゲームシステムよりも低レベルを担う基盤システムです。アプリケーション・フレームワークと言い換えてもいい。

read more >>
with 0 Comments & 0 Trackbacks

May.11,2006

[PBMとは?]まとめ、そして仮称とか [PlayByMail]

というわけで、「文章を媒体とした多人数参加型RPG」という表現に込められたPBMの特徴について説明してきました。要約すると、次の通りとなります。

  • 「役割の演技」を手段として物語に参加する遊び
  • 文章を媒体とし、結果は文書として保存可能
  • 多くの参加者が物語を共有し、コミュニティを形成する
  • 健全なコミュニティが生み出す付加価値創造が最終目標
read more >>
with 0 Comments & 0 Trackbacks

May.11,2006

[PBMとは?]多人数参加型RPG [PlayByMail]

多数のプレイヤーが同時に参加し、それぞれが思惑を持って活動することによるプレイの多様性と緊張感は、ソロプレイでは決して味わえない要素です。

read more >>
with 0 Comments & 0 Trackbacks

May.11,2006

[PBMとは?]文章を媒体とするRPG [PlayByMail]

PBMが時代とともにPBeMという形態を取り得たことが示すように、PBMの本質は"Mail"ではありません。そこに載っている情報にこそ意味があります。

その「情報」とは、プレイヤーが文章によって提出するキャラクタの行動であり、ゲームマスターが提出する物語の文章です。このアナログ情報のやりとりこそがPBMの最大の利点であり、最大の弱点です。

read more >>
with 0 Comments & 0 Trackbacks

May.11,2006

[PBMとは?]PBMにおけるRPGの意味 [PlayByMail]

PBMはRPGすなわちRole Playing Gameである、と。では、ここでいうRPGとは何か?

"Role Playing"、すなわち自ら任じた「役割」を演じることはRPGの根幹を成す部分です。しかし、PBMにおいてはそれ自体が目的となるわけではありません。

read more >>
with 0 Comments & 0 Trackbacks

May.11,2006

PBMとは何じゃらほい? [PlayByMail]

さて、「PBMをつくろう」と思い立ったまでは良いけれど、そもそもPBMって何だっけ?というお話。

read more >>
with 0 Comments & 0 Trackbacks

May.10,2006

PBMをつくろう [PlayByMail]

かつて私はPBMというものを趣味にしていた時代がありました。畏友諸氏はその時の得難い知己です。

しかし、商業としてそれを行う会社は数年前の最大手倒産以来ほとんどなく、現在はプレイする企画とてない牢人状態。

read more >>
with 0 Comments & 0 Trackbacks