Feb.25,2008

トーゴーのポケットウォッチ [Mechanical Watch]

時計ネタが書けていないとのお叱りがあったりなかったりするので(苦笑)、ちょっと小ネタを出してみます。少しでも期待があるうちが花ですし;

read more >>
with 0 Comments & 0 Trackbacks

Nov.12,2007

幻の時計再び! [Mechanical Watch]

これは結構な大ニュース。

アンティーク時計マニアならずとも少なからぬ人がその名を知る時計、「マリー・アントワネット」ことブレゲ No.160が発見されたと11/11付けのイスラエル紙が伝えているそうです。併せて公開されている画像を手元の本(George Daniels & Ohannes Markarian, WATCHES & CLOCKS in the Sir David Salomons Collection)の写真と見比べる限り、信憑性はかなり高いように思えます。

read more >>
with 0 Comments & 0 Trackbacks

Apr.15,2007

古時計再生の巻。 [Diary]

長らく手を着けていなかったクロックの修理を今日こそやろうと一念発起してみました。

read more >>
with 0 Comments & 0 Trackbacks

Feb.04,2007

もう二ヶ月以上前の話 [Diary]

すみませんすっかり忘れてましたすみません。

この前東京に行った時に懐中時計好きの有志によるお茶会を催したのでした。


各自色々持ち寄るので今回も大変なことに。
read more >>
with 1 Comments & 0 Trackbacks

Nov.19,2006

大きなのっぽの古時計 [Diary]

うすらデカいという形容がぴったり?な古時計
振り子も外す。竿は長いが造りは簡素。

まずは針を外す。

というわけで、動くが鳴らない古時計。いよいよ解体に着手したのでありました。

写真だと結構雰囲気出てるけど、実際には大した造りではありません(笑)。アンティークというよりは単なる「古道具」といった感じではありますが、味はそれなりに出ていますし、何より気兼ねなく弄れるのがいい。ヘタに工芸品みたいなものが出てきたら自分で弄るのは怖くて仕方ないし(笑)。

read more >>
with 2 Comments & 0 Trackbacks

Jun.22,2006

古の時計。 [Diary]

先日第一号を購入した古の時計。思い切って定期購読してみた分が届きました。

book.jpg
定期購読頼んだら二号まとめてお届け。

クレジットカード払いにしたものの、「只今、私どもの都合によりコンピューターシステムの開発が間に合っておりません。お手数ですが付属の振込用紙でお支払い下さい」というお知らせが同封されていたのが地域限定クオリティ?(;´Д`)

9/25追記:全国販売が始まった頃からカードは使えるようになった模様。
read more >>
with 4 Comments & 0 Trackbacks

Jun.06,2006

ありそうでなかったアンティーク時計本 [Diary]

世間で機械式時計というと、第一に連想されるのは腕時計のようです。

まあ、今更機械式クロックでもないでしょうし、懐中時計の使い勝手は腕時計には及びませんし、それもやむなしとは思います。ただ、現行の腕時計はあまりにもファッションやブランド主義に傾倒しているように感じるので、私個人は「ちょっと付き合い切れんなー」と思っています。

そんな偏屈なアンティーク懐中時計ファンというのは、まあ進化の系統樹からはみ出した珍獣ともいうべき存在のようで、何をするにしても苦労がつきまといます。国内では雑誌やムックが扱うのは専ら腕時計ばかり。アクセサリにしても、腕時計にはコレクションボックスやワインディングボックスがいくらでも売られているのに、懐中時計には収納用の箱さえ売られていません。

仕方がないので、しぶしぶ洋書を買い集めてぼそぼそと翻訳するわけですが、元々英語がヘタクソなので、どうにも苦労が絶えません。こんな状態では、懐中時計の魅力を他人様にお伝えすることなど夢のまた夢ではないか!?などと思うこともしばしば。

read more >>
with 5 Comments & 0 Trackbacks

Sep.27,2005

こだわりの時計を造る―オリジナル文字盤製作記 [Mechanical Watch]

人にはそれぞれ好みや理想といったものがあります。

既製品でそれが満足されない時、妥協して我慢するか、理想に近づけるべく手を入れていくか、それとも理想の品を一から作り上げるか――。

これはそうした、理想を探求する飽くなき挑戦のひとコマです。

read more >>
with 4 Comments & 1 Trackbacks

Sep.15,2005

俺と薔薇乙女と懐中時計 [Mechanical Watch]

本記事は、2005年初頭に書いたものを加筆修正したものです。

エンディングクレジットに登場する懐中時計。どことなく見覚えが……。

2004年秋。何気なく見ていた深夜番組に何か見覚えのあるものが。

あ、俺の時計。

それがきっかけで番組を見るようになりました(本末転倒ですねー)。これが存外に面白くて、気が付いたら最終回まで見てしまったり。

というわけで、そのきっかけとなった時計についてご説明致しましょう。

気に入ったものに関わりがあるとなれば、こうした小道具にも興味は湧くもの。アニメの方が好きで見ていた方にとっても、ちょっとしたムダ知識として参考になれば幸いです。

read more >>
with 0 Comments & 1 Trackbacks

Sep.01,2005

機械式時計の魅力とは [Mechanical Watch]

何故、機械式時計なのか?

近年は電波時計も捨て値で手に入るし、携帯電話ですら、GPSから取得した誤差1/1,000,000秒の時刻を表示できます。これらは蛮用にもよく耐え、メンテナンスもほぼ不要、そして代わりはいくらでも手に入ります。

ただ精密・正確な計時装置を安く求めるだけならば、敢えて高価な上に精度で劣り、しかも扱いに気を使わねばならない機械式時計を選ぶ理由はありません。

宝飾やデザインを重視するとしても、そのムーブメントには機械式よりもクォーツの方が一般に適しています(小型軽量でメンテナンスもほとんど要しないため、デザイン上の自由度を確保し易い)。

それでもなお敢えて機械式時計を選ぶとなれば、その理由は多分に情緒的なものになるでしょう。

read more >>
with 0 Comments & 0 Trackbacks