1  |  2  | All pages

May.27,2006

呼ばれて飛び出て(以下略)

[Diary]

どう見ても梅雨入りとしか思えないような雨模様のこの日の夕暮れ。

権造君にメガネ喫茶「委員長」に呼び出される。(嘘) 最近悪い遊びを覚えた畏友さら丼に「隠れ家」とか「屋根裏」と通称される場所に呼び出される。何の隠語じゃらほい。

read more >>

May.21,2006

サイ○○ソルジャー、出動せよ!

[Diary]

さいたまー!!

昨日の狂騒(とアルコール)の余韻醒めやらぬ日曜日、畏友しんし丼のお誘いで、畏友くらーへ丼やパラノイアN氏と共に、陸上自衛隊大宮駐屯地の創立49周年記念行事を見物に行く事に。

read more >>

May.20,2006

秘密倶楽部に潜入セヨ

[Diary]

畏友さら丼に誘われて、時計愛好家の集会に参加してみる。なんかフリーメーソンの秘密集会みたいでドキドキ(ここで「最近のヒロシ」における裏ルートとか闇オークションとかいうイメージ画像挿入)。

折からの豪雨で数分遅れ、会場の個室スタイルの居酒屋に顔を出してみると……。

こ こ は 一 体 何 処 の 魔 窟 だ

まあゴロゴロゴロゴロ、無造作にテーブルに置かれた懐中時計の群れ、群れ、群れ。どれを取ってもアレかつナニなシロモノばかり。オールドハワードだけで10個はあるってのが既に正気の沙汰ではない(もっとも、ミント・コンディションばかりではないんだけど)。

read more >>

Howard Series 0

[Watch Collection]

今回は、ハワードのシリーズ0をご紹介します。

アメリカ時計に詳しい方にはご存知の方も多いでしょうが、ハワードというメーカーは名前こそ同じながら、単純に「ハワード」と一括りにすることができません。一般に、1903年より前のものを「オールド・ハワード」、1903年以降のものを「キーストーン・ハワード」と呼んで区別しています。

シリーズ0はキーストーン・ハワードが製造したモデルで、"Edward Howard"のようなプレゼンテーション・ウォッチを別にすれば最高と言って良いグレードのモデルです。

この時計について調べていくと、この時期のアメリカにおいてもブランドとでもいうべきものが存在していたことを伺い知ることができます。そうした背景を覗き見ることができるのも、こうしたアンティークの楽しみの一つと言えるでしょう。

read more >>

May.15,2006

塹壕戦線異常ナシ

[GUNと鯖芸]

実は梅雨入りしてるのを気象庁が気付いてないだけなんじゃないかと思うくらい天気が悪い今日この頃、久々に野戦に出かけてきました。今回のフィールドはCAWという会社が運営しているフィールド。

read more >>

May.12,2006

ジャンルとかゲームシステムとか言う前に

[PlayByMail]

さて、実際に作るとして、何を作るか。では早速、畏友アイダスキーにネタ出しとゲームシステムを……

……いや、そうじゃなくて。

わざわざ「PBMとは」などという迂遠な話から始めたのは、ゆくゆくはこういう遊びを様々な人にも体験して貰い、マイナーではあっても趣味の一翼、アナログゲーム(ネット使うけど…)の一ジャンルとして定着して欲しいと思うがゆえです。昔語りと「夢よもう一度」な独り善がりで始めたところで先は見えていますし。

そこで私が必要だと思うのは、ジャンルやゲームシステムよりも低レベルを担う基盤システムです。アプリケーション・フレームワークと言い換えてもいい。

read more >>

May.11,2006

その申請、一件四萬円也

[Diary]

こんな記事が出ていたり。

電脳ゼネコンの下請けという立場上、この手の「電子○○」に関わる機会はそれなりにあるけど、その経験に基づいて言うなら、何を今更といったところ。

read more >>

[PBMとは?]まとめ、そして仮称とか

[PlayByMail]

というわけで、「文章を媒体とした多人数参加型RPG」という表現に込められたPBMの特徴について説明してきました。要約すると、次の通りとなります。

  • 「役割の演技」を手段として物語に参加する遊び
  • 文章を媒体とし、結果は文書として保存可能
  • 多くの参加者が物語を共有し、コミュニティを形成する
  • 健全なコミュニティが生み出す付加価値創造が最終目標
read more >>

[PBMとは?]多人数参加型RPG

[PlayByMail]

多数のプレイヤーが同時に参加し、それぞれが思惑を持って活動することによるプレイの多様性と緊張感は、ソロプレイでは決して味わえない要素です。

read more >>

[PBMとは?]文章を媒体とするRPG

[PlayByMail]

PBMが時代とともにPBeMという形態を取り得たことが示すように、PBMの本質は"Mail"ではありません。そこに載っている情報にこそ意味があります。

その「情報」とは、プレイヤーが文章によって提出するキャラクタの行動であり、ゲームマスターが提出する物語の文章です。このアナログ情報のやりとりこそがPBMの最大の利点であり、最大の弱点です。

read more >>
 1  |  2  | All pages