1  |  2  | All pages

Nov.28,2006

魔女のバアサンの呪い

[Diary]

東京から帰ってこっち体調が最悪。

倦怠感にしちゃどーも身体の節々が痛むと思ったら、結構な熱が出っ放し。内臓も相当弱っているようで、吐き気もすれば腹具合も(自主規制)。おまけに、何処で作ったか解らない馬鹿でかい打ち身らしい内出血がヒザ上に刻印やされていたり。どーなってるんだ。畜生、魔女のバアサンの呪いか。

まあ、東京にいるうちに発病しないで良かった。

そんなわけで手持ちの薬かっ喰らってまた寝ます。

数日後には仕事のヤマが来るわ、今週は土曜出勤だわと未来が暗い。

しかし一番の心配事は、明日のTRPGのセッションでただでさえ鈍いキレがさらに鈍ることなんだけども。orz

Nov.26,2006

東京急行帰還セリ

[Diary]

東京急行から帰ってきました。

しかし機体は直径40mmのスズメが衝突して穴だらけっちゅーか、着陸時に脚が折れたっちゅーか、とにかくグダグダな状態になってしまっているのでその顛末を書くのはまた後日になりそーです。

やっぱり、一日平均3時間弱の睡眠で4日も呑み喰い遊びの強行軍ってのは無謀に過ぎたのかもしれません。

付き合ってくれた皆さん、ありがとうございました。今はとにかく寝ます。

Nov.23,2006

東京急行

[Diary]

三泊四日の爆撃行。これより出撃す。

北の某国(って書き方だと最近は別の国を指すよなぁ(笑))のそれとの共通点は、領空侵犯とかどーのこーのではなく、

燃 料 が 足 り な い

ことではないかという気がしないでもない。orz

ま、イザとなったらさらに先祖帰りして「現地調達」するかな?(それ掠奪っていいますw)

では出発。

Nov.19,2006

大きなのっぽの古時計

[Diary]
うすらデカいという形容がぴったり?な古時計
振り子も外す。竿は長いが造りは簡素。

まずは針を外す。

というわけで、動くが鳴らない古時計。いよいよ解体に着手したのでありました。

写真だと結構雰囲気出てるけど、実際には大した造りではありません(笑)。アンティークというよりは単なる「古道具」といった感じではありますが、味はそれなりに出ていますし、何より気兼ねなく弄れるのがいい。ヘタに工芸品みたいなものが出てきたら自分で弄るのは怖くて仕方ないし(笑)。

read more >>

Nov.18,2006

こいつは予想外

[Diary]

どえらく更新停滞中。ごめんなさいごめんなさい。

なんか事態が予想の斜め上を行ってます。余暇の大半がTRPGに吸われた。マジかよ。

read more >>

Nov.12,2006

士道不覚悟により蟄居中

[Diary]

畏友アイダスキーが開始したところの乙式TRPGオンラインセッションー(どんどんひゅーひゅーぱふぱふ)。

テストシナリオがはや二本目。みんな頑張る頑張る。一晩では片付かず二、三回に分けて行うくらい。なんか久しぶりの感覚。

セッションはチャットでキャラクタロールを行う形式。パソコン通信時代以来のむしりとった衣笠だ。私は、顔つき合わせてのTRPGよりこっちのやり方の方が遥かに経験多いし、好きでもある。自分の声でロールするってどうにも照れが入るもんで。その意味ではPBMにはごく自然に入り込めたとも云う。

read more >>

Nov.08,2006

古の時計6号

[Diary]

そういえば、届いてから二週間くらい経ってたんだった。

6号目。パッケージもだいぶ簡略化された。
read more >>

Nov.07,2006

蟲探し

[Diary]

この前設置したAjaxチャットのlaceなんだけれども、サーバ上で実用してみると、どうも挙動が怪しい。

テストプレイ時に不定期に名前が化ける。それだけならまだしも、化けた名前のところから出力結果を乱したりすることさえあった(Firefoxでやってた自分のところでは影響が目に見えなかったので認識が遅れた)。しかも、スクリプトの上では表示できているログが、FTPでダウンロードしたデータファイルを開けるとどうやってもまともに読めない(文字コードが違う、という次元の問題ではない)。ローカルテスト用のcoLinux環境では問題を起こさないのがまた厄介だ。

さすがにこりゃイカンということで、デバッグに乗り出すことに。しかしこのスクリプト、Ajaxなもんでクライアントとサーバを別々に(あるいは連動させて)デバッグしなければならない。面倒。面倒なことは喉元過ぎると綺麗に忘れそうなのでメモ。

read more >>

Nov.04,2006

ケチケチで行こう

[Diary]

貧乏である。ワーキングプアなのである。

そんなわけで、あっちこっちに皺寄せが来ている。食い物も例外ではない。

read more >>

プレジデントのメタ化

[Diary]

GIGAZINEで取り上げていたUS Presidential Speeches Tag Cloudというサイトに感心することしきり。

歴代大統領の公式スピーチを単語レベルで分解し、その出現頻度をタグクラウドのインターフェースで表示したもの。出現頻度が高いものほど字がデカくなっている。「なんとなく」という世相の雰囲気を可視化することができるわけで、目から鱗が落ちた心地。

read more >>
 1  |  2  | All pages