Mar.13,2010

Waltham '72 Model(Grade Variations)

[Watch Collection]
'72のバリエーションは意外と多彩。この機械は上級グレードの"Amn. Watch Co."で、中期に製造されたもの。

ここでは、構成の都合上触れられなかった'72の各グレードについて解説していきます。

とはいえ、現物が手元にあるわけでなし、写真や画像の引用も著作権上問題アリなので、基本的に文字だけの解説になりますが。興味を持たれた方は、記事中の単語をキーワードに検索の旅に出られるのも一興かと。

そんなわけで、あくまで余録ではありますが、何かの役に立てば幸いです

なお、この時代の時計製造におけるリードタイムは数ヶ月から数年に及ぶこともあり、そのためシリアルナンバーから推定される年代と機構上の特徴が必ずしも一致しないケースが散見されるようです。実際には共食い整備や部品交換の可能性があることも考えると、ある意味闇の中な部分もあります。

read more >>

Mar.07,2010

Waltham '72 Model

[Watch Collection]

本来はここから始める予定だったのですが、予想外に前置きが長くなってしまいました。しかし、その前提を知るか否かで見方が大きく変わってくるだけの情報でもありますので、ご容赦頂きまして。

また、文中の用語で過去の記事で触れているものについては説明を省略していることもあります。あしからずご了承下さいませ。

それでは、今回入手した機械をもとに'72の特徴を見ていきましょう。

ついに ねんがんの '72を てにいれたぞ!

受板に記されたグレード名は"Amn Watch Co."で、最上級の"American Watch Co."に次ぐものです。シリアルNo(1,831019)は、この機械が9000個弱製造された"Amn Watch Co."グレードの'72のうち、1881年の最後に製造されたハンターケース仕様100個のうちの一つ(おそらく19番目)であることを示しており、1890年頃まで生産された'72としてはほぼ中期の個体となります。

read more >>

Waltham '72 Model(Prologue)

[Watch Collection]
Waltham 1872 model(Amn W. Co.)

「72」という数字を見ただけで動物的に反応してしまう駄目人間の皆さん、コンニチワw

当サイトが久方ぶりにお送りする今回の懐中時計紹介記事として、ウォルサム懐中時計史上でも特筆すべきすべきモデル、'72 model(以下'72)をお送りします。

天才的な技術者達が、さらなる高みを目指して作り上げた一品を存分に堪能するためにも、まずは'72がどのような背景から誕生したのかを順を追って解説していきます。出典は"The American Watch Company 1872 model"(Phillip J, NAWCC BULLETIN No.304(Oct. 1996))から。

それでは、しばし前置きにお付き合い下さいませ。

read more >>

Mar.03,2010

RTB:My ReBootCamp

[Diary]

年が明けてからまた日が経ってしまったが、まあ過ぎてしまったものはしょうがない。

確定申告と免許の書き換えと歯医者とガスLNG化工事立ち会い諸々のためにウチに帰っていたのだが、全てを三日でこなす弾丸ツアー、仕事場直行直帰という馬鹿げた強行軍。

それもこれも「プロジェクト上困る」と中ボスがゴネたせいなのだが、なんとかギリギリこなして移動中。あとは夜行バス直行から仕事という最後のヤマを乗り越えれば一息つける…はず。

read more >>